四葉のクローバーのように、持っていると何となく幸せになれそう・・・そんなふうに思えるハンドメイド雑貨を作りたいと思っています。
リフレッシュ&卒業式(*^_^*)
2017年03月28日 (火) | 編集 |
忙しかった3月。
気がつけば、あっという間に終わりに近付いておりました(*_*)

そんなバタバタした中でも、3月の3連休中に1泊2日の春スキー旅行へ。

急きょ思い立ったので、選択肢は少なかったのですが、場所はお気に入りの万座温泉スキー場。

ここの温泉は乳白色の硫黄泉で、スキー後の冷えた体と疲れた体が癒される、本当に良い温泉なんです(*^_^*)

晴天率の低いスキー場ですが、初日は本当に抜けるような青空でした\(^o^)/

風もなく、とっても気持ち良く滑る事が出来ました。
スキーヤー率が高くて、滑りやすかったです(*^_^*)

IMG_20170318_101006.jpg

3月とはいえ、頂上はサラサラパウダースノーで見渡す限りの雪景色。
    IMG_20170318_130705-vert.jpg

ただ残念なのは、昔と比べて施設設備がかなり簡素化されてしまっていたこと・・・
確かに以前はリフトもかなり並ばないと乗れなかったり、ゲレンデもたくさんの人で溢れている印象でしたが(*_*)
前はもっと上まで行けたのに、そのリフトはもう稼働していませんでした。

万座は車で来るにも有料道路を使わなければいけないし、気楽に行ける感じではないからでしょうかね~

食事処が少なく、万座プリンスホテルのレストランもちょっと残念な感じ(>_<)
食べようと思っていた和食レストランもやっていなかったし・・・

お値段は五目ラーメン一杯1500円とお高いし・・・
でもたまたま埼玉県民デーだったので、リフト券がお安くなり、なお且つ1000円分のお買い物券もついていたのでそちらを利用できました(*^_^*)

ただ、ホテルのビュッフェはかなり美味しくなっておりましたよ~(*^_^*)
新鮮な高原野菜が豊富で、デザート系も充実❤
もうお腹がはち切れそうなくらい頂いちゃいました(^^♪

大好きな温泉は4回も入り、筋肉痛もほとんど感じずに済みました。
IMG_20170318_130713.jpg

2日目は、朝から万座らしいお天気。
風も強く雪も降る中、私は休み休み・・・まったりと滑ることに。。

元気だったのは次女。

ジャンプ台にも挑戦して全くの疲れ知らず。

反対に長女は・・・・
私と同様、足のこらえがきかなくなって転ぶ転ぶ(笑)

剣道部で頑張っていた中学生のときは(まだほんの1・2年前なのに)2日目でもガンガン上級者コース滑ってたのにね・・・

完全な運動不足だ((+_+))
そんなわけで、旦那様や次女とは別行動でさぼりさぼり2人で滑りました。

長女といると色々ハプニングも多くて、笑いすぎて滑れなくなったりもしながら、2日目は14時ごろで終了。

帰りは渋滞にハマってしまいましたが、リフレッシュできたスキー旅行でした(*^_^*)

そして、3日後には次女の小学校卒業式\(^o^)/

うちは私の母が着付け講師だし、長女も袴だったし。
着物や袴も全て揃っているので、1円もかからないし・・・
着物好きな次女も当然のごとく袴で出席すると言っていたのですが(*_*)

昨今は袴は「華美」だとか、着崩れたりするからという理由であまり良く思われていないようですね・・・

日本の伝統衣装なのに、何だか寂しい気がしてしまいます。

次女の学校でも事前に先生から遠まわしに「袴はあまりよろしくない」ような事を言われて、予約していた子たちはみんなキャンセルする事に。

そんな雰囲気ですから、次女も「スーツの方がいいのかな・・・」と言いだしました。

まあ本人の気持ちが一番大事だからと、とりあえず、スーツも用意。
うちにしてみたら、スーツにする方が出費がかさむのですが(+_+)

どっちを着るか、本当に前日まで悩み(笑)、結局次女が選んだのは袴でした。

もしかしたらもう着る機会はないかもしれないし、あの時やっぱり着ていればよかったなと後悔するのは嫌だからと。

直前までバタバタとしましたが、何事もなく無事卒業式を終える事が出来ました。

       IMG_20170323_114558.jpg
結果的に無駄になってしまったスーツは、その後じいちゃんばあちゃん達との食事会で着ることが出来たのでまあ、良しとしましょう(*^_^*)

長いなと思っていた小学校6年間。
終わってしまうとあっという間。

中学高校はもっとあっという間に過ぎていきます。

まだまだ目は離せませんが、少しずつ手は離れ、親の元から巣立って行く日も近いのだなと思うと・・・
私もこれからの自分の方向性を、しっかり見据えなければ!!とちょっと焦ったりして(^_^;)

頑張る子供たちに負けてはいられないと、嬉しくない誕生日を迎え、また一つ年をとってしまった母は思うのでした(笑)






スポンサーサイト