四葉のクローバーのように、持っていると何となく幸せになれそう・・・そんなふうに思えるハンドメイド雑貨を作りたいと思っています。
あれから4年・・・
2015年03月11日 (水) | 編集 |
東日本大震災が起きたあの日から、今日で丸4年。
4年も経ったとは思えないほど、あの日の事は鮮明に思い出す事が出来ます。

被災地の復興は、まだまだこれからという印象です。
お金も人も時間も足りないことが伝わってきます。

それでもこの4年間、私なりにできる復興支援は何なのか考え続けてきました。

そんな中で出した一つの答え。
それは被害に遭った地域を頻繁に観光したり、そこの特産物を意識して選んで購入するという事でした。

元々、我が家は震災前から東北が大好き(^u^)
自然が豊かで、食べ物がおいしくて、何より人が優しくてあたたかい・・・
東北地方を訪れて、嫌な気持ちになった事はないと言えるほどです。

震災後は、岩手や福島・宮城など震災の爪痕が残る観光地を、家族で訪れてきました。

福島県の会津を訪れた時には、お土産屋さんのおばちゃんたちからこんな話をお聞きしました。

「この地に観光に来てくれる事。それが一番私たちには嬉しくて、一番の復興支援になるんですよ。」
八重の桜が大河ドラマで放送されていた時は、本当にたくさんの観光客で一杯だったそうですが、私たちがその翌年に訪れた時には閑散としていたんです。

復興には時間がかかります。
一時ではなく、長いスパンでの支援が大切ですね。
のど元過ぎれば熱さ忘れるではいけません。

あの時、きっと誰もが自分に何か出来る事はないのかと思ったことでしょう。
その時の気持ちをずっと持ち続けなければと思いを新たにしました。


         
         


東北地方でも、特に歴女の長女が大好きなのが、仙台。

なぜなら長女は・・・伊達政宗を崇拝(?)しているから(*^_^*)

おじいちゃんやお父さんの影響で、歴史好きになった長女。
いつから伊達政宗を好きになったのかは不明ですが、様々な書籍を読み漁り、今では学校の先生も知らないような知識を持ち合わせています(^u^)

date.jpg
伊達政宗に関する旅行では、長女のテンションは異常なほどです(^_^;)

そんな長女が大喜びしそうな仙台土産を先日モニプラさんで発見!!!
f52a8.jpg
仙台伊達男(ご当地パイ) 20名様

宮城県産米粉を使用した3種類のお味が楽しめるご当地パイ、その名も仙台伊達男!!

プレーン・チョコ、そして「ずんだ」の3種類のパイ詰め合わせなんですって!
このお洒落なパッケージ、伊達政宗っぽいですね~
長女だったら、この箱も大事にとっておきそう(^u^)

あのコロンバンさんのお菓子だから美味しいのは間違いないけど・・・
今まで見た事ないような気がする・・・
長女が見つけてたらこれ絶対買ってるだろうに(--〆)

っと思ったら、仙台駅など販売されているお店が限定されてるんですね~
うち、いつも車で行くから駅には行かないんだ・・・
なるほど、いつもと違う交通手段で行ってみるというのも新たな発見ができて楽しいかもしれない♡

また東北の旅へ行きたくなったな~(*^_^*)


原宿スイーツや伝統フランス菓子のコロンバン




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック