四葉のクローバーのように、持っていると何となく幸せになれそう・・・そんなふうに思えるハンドメイド雑貨を作りたいと思っています。
子供の抗体検査
2015年04月10日 (金) | 編集 |
2日前の記録的な寒さほどではないものの、今日も朝から曇り空で厚手のコートが必要な埼玉です。

ビックリしていたチューリップちゃんも様子を見ながら花開き始めてます(^^♪
P1130891.jpg
ミックス球根で赤以外にも白・黄色・紫など一緒に植えたのですが、一番最初に開花したのは赤。
次は黄色かな~
白や紫はまだまだ先って感じです。
種類によってこんなに成長の速さが違うなんて、面白いですね(*^_^*)

桜が終わってから楽しめる玄関横のカイドウも鈴なり状態。
   P1130892-vert.jpg
七分咲きといったところかな❤

気温の乱高下で体調を崩している人も周りに沢山いますが、皆さまもご自愛くださいね。




今日は病院へ長女の検査結果を聞きにいっておりました。

何の検査結果というと・・・

おたふく風邪の抗体があるかどうか。

実は14歳の長女、まだおたふく風邪に罹っていなかったんです。
でも、3歳くらいの時に幼馴染で毎日のように遊んでいた子がおたふくに罹った時、次の日に長女の左側ほっぺが何とな~く腫れた事がありました。

前日にお友達がおたふくになったと聞いていたので、「明日には病院へ行って診てもらおう」と思っていたら・・・
翌日には腫れは引き、微熱も平熱に下がっていたって元気。

この時は「なんだ、おたふくじゃなかったんだ」と思って病院へも行かなかったんです。

調べてみると、おたふく風邪は抗体がつきづらいので、しっかり両頬が腫れないといけないとのこと。
片方しか腫れない場合はおたふく風邪とは診断されない事も多いらしいです。

だから長女はまだおたふく風邪をやっていないと今までずっと思っていました。

でも・・・次女ががっつり罹った時も特に隔離はしなかったのにうつらなかった(=_=)
ほんの少し、心のどこかで「もしかしたら、抗体持ってるんじゃないか・・・」って思ってました。

ただ、抗体検査をするにも保険は効かないのでそれなりのお金がかかる(-_-)
おたふく風邪に関しては、仮に抗体を持っていたとしてもワクチンを打つ事は特に問題ないので、検査はせずワクチン接種した方が懐も体も痛い思いは一度で済むかなと思っていたのです。

本格的な受験シーズンに入る前に済ませたいと、春休みに長女を連れてかかりつけのお医者様に相談してみることにしました。

すると、先生から
「子供の抗体検査、2~3年前から公的助成でお金かからず調べられるわよ」
とのお言葉。

え~知らなかった\(◎o◎)/!
「痛い思いはもしかしたら2回しなきゃいけないかもしれないけど、抗体持っていればワクチンを打つ必要はないわけだから、どうする?」
と聞かれ、速攻で「調べて下さい!!」とお願いしました(*^_^*)

そして結果は・・・

抗体、しっかりとついておりました\(◎o◎)/!

それにしてもあんな軽い症状で済んでたなんて!!!!
長女は生まれた時から病原菌に対して異常に強い子でしたが、ここまでとは!
本当にビックリです(^u^)

とにかく、ず~っと気になっていたおたふく風邪問題、無事解決。
今後ほぼおたふく風邪にかかる心配はないとのこと(^u^)
女の子でも大人になってから罹ると卵巣炎から不妊につながることもたまにですがあるらしいので、一安心です。
そして、7000円前後のワクチン接種代も必要なくなり、気分晴れ晴れ~(*^。^*)

先生に相談して良かったな~❤
聞きに行くタイミングも良かったな(^u^)

抗体検査が無料かどうかは自治体によって違うらしいのですが、うちと同じように悩んでいる方は一度病院で聞いてみる事をお勧めします♪


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック