四葉のクローバーのように、持っていると何となく幸せになれそう・・・そんなふうに思えるハンドメイド雑貨を作りたいと思っています。
キラキラオリジナル石けん作りました(*^_^*)
2012年07月02日 (月) | 編集 |
昨日はお昼ころからポツポツと雨が降り出し、子供たちも外で遊べないのでお家の中でちょっと楽しいハンドメイドしました(*^_^*)

ピギーバックスさんの「あなただけの透明石鹸をつくってみませんか?」というイベントに参加させて頂き、透明石けんベース(石鹸のかけら)とフェイスソープLCを送って頂いてました(^O^)/ピギーバックスファンサイトファンサイト参加中

Desktop_convert_20120702091031.jpg

透明石けんベースをチョコレートのように湯せんで溶かし、耐熱の型に流し込むだけというお手軽さ。
でも80℃から溶け始めるという事でしたが、湯せんでは中々溶けず、結局お湯を張ったフライパンに石けんの入ったボールを入れて火にかけながら溶かすことに。

どんな石鹸にしようかな~と子供たちと色々考えましたが、ちょっと涼しげな夏らしい石けんにしようということで、次女の宝石箱からアクリルのキラキラたちを使う事に(^u^)

女の子ってこういうの本当に大好きなんですよね~お祭りとかですくい取りしたりして^m^
ところがこれ、飾っておく以外に使い道が中々なくて・・・

でも今回はこれが大活躍です(*^_^*)

Desktop+(2)_convert_20120702091557.jpg

取り出しやすいシリコン型を使いました。
50℃くらいから固まり始めるとのことでしたが、型に流し込んでいる段階ですぐに固まり始め・・・
「急げ~固まっちゃう~」とワタワタしながら3人で作りました(^_^;)

無着色無香料の石けんでしたので、大好きなラベンダーオイルを数滴たらしてみました(*^_^*)

固まった石けんを型から取り外すのは本当に2人とも楽しそうにやってましたね^m^

そして完成したのがこちら!!

Desktop+(3)_convert_20120702093044.jpg
涼しげな夏らしいミニ石鹸が出来あがりました(*^_^*)

大好きな「くまのがっこう」のジャッキー型でも作ってみました。

子供たちは「もったいなくて使えない~(●^o^●)」と言っているので、しばらくは飾っておきたいと思います(*^^)v

そして一緒に送って頂いたフェイスソープLCも早速使っております。
P1040296_convert_20120702093644.jpg
とにかくこの石鹸は泡がきめ細かい!!
そしてすごく泡持ちがよいので、泡パックに最適な石けんだと思いました(*^_^*)
顔に乗せておいても泡がしっかりしているから垂れて落ちてくる事がないんです。

敏感肌の次女にも安心して使わせられる天然成分で作られた石鹸なので、家族みんなで使えます(*^_^*)
子供たちはこの泡で「ソフトクリーム!!」とか遊んでいるみたい^m^

洗い上がりはさっぱり・スッキリ(*^_^*)
ツッパリ感とは違う、ハリが感じられますよ^m^
またお気に入りの石鹸が一つ増えました(^O^)/

『明日のためのスキンケア』ピギーバックス

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは!
お嬢さんが二人だと、三人でワイワイ遊べますね~(^^)羨ましいです。
我が家は息子が二人、小学生のときの夏休みに紙粘土で一緒に遊んだくらいしか記憶にありません・・・・あとは一緒に出歩いてもくれないし(^^;)

石鹸作りなんて、母娘のコミュニケーションに持って来いですね。ラベンダーの香りの石鹸なら、箪笥に入れておいてもよさそうですね。
2012/07/02(Mon) 11:09 | URL  | midotan #d66Z9D4g[ 編集]
midtanさん♪
私の影響からか、2人ともハンドメイド大好きで私がやっていることに興味津々なんです(*^_^*)

娘二人の私からすると、男の子も可愛いだろうなといつも思います。

周りの男の子ママさんは息子LOVE❤な人が多いので(*^_^*)
もうすでに「お嫁さんとはうまくいかないと思う!」と断言している人もいます(笑)

うちの子供たちくらいの世代は女の子の方が本当に大人なので、男の子の無邪気な所を見るとホッとしたりして・・・

最近、子供の成長が嬉しい半面寂しさも感じるようになっていますが(^_^;)一緒に色々な事をやってくれるうちは楽しみたいなと思っています(^O^)/




2012/07/03(Tue) 08:22 | URL  | きょうりん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック