四葉のクローバーのように、持っていると何となく幸せになれそう・・・そんなふうに思えるハンドメイド雑貨を作りたいと思っています。
毎日の「食べ合わせ」で血液力を!!
2012年10月30日 (火) | 編集 |
夏休みに長女がゴボウについて研究して以来、私もまた食材そのものの持つ力を再認識しています。

栄養士だったので、元々食についての興味や知識は多い方だとは思います。
でもまだまだ知らないことがたくさんある!!

栄養学も、医療と一緒で日進月歩。

ちょっと前までは当たり前と思われていたことが、実は正反対だったなんてこともよくあります。
常に新しい情報には敏感になっていないといけないので、すっかり現場から離れている私はとても大きな声で栄養士ですとは言えないのですが・・・(~_~;)

そんな情報に飢えている私に、とっても素晴らしい本を「食健」さんが送ってくださいました^m^
食健ファンサイトファンサイト参加中

食健さんは「食から本物の健康を」を企業理念に独自の食療法を伝え、玄米加工食品をはじめとするサプリメント、基礎化粧品、美容機器、玄米パン、熟成味噌などの調味料、熟成梅干しなどを製造・販売されている会社です。

食健さんの商品は、ちょっとその辺では扱っていないような珍しい健康食品がたくさんあって、気になっているものがいくつもあるんです(^_-)-☆
(特に今はゴボウが一押しなので、砂糖など一切使わずにゴボウを丸ごと使って作られたジャムが気になってます^m^)

そんな基本コンセプトの基になっているのが今回ご紹介する本、「血液力」です。
Desktop11_convert_20121030095001.jpg
最近では一つの物の良いところだけを取り上げて、ブームと言われ、店頭からその商品が売り切れになるなんていうことが良くありますよね。

私はあれ、好きではありません(>_<)

だって、それだけ食べていればOKなんてこと絶対あり得ませんから。
それにだいたい、一過性のものでブームが去ると見向きもしなくなる・・(;一_一)
薬ではありませんから、習慣として長く続けられなければ意味がありません。

また、そればっかりを食べ続けることで出てくる弊害については全く情報として伝えられませんよね・・・
私の母もテレビなどで、情報を仕入れると得意げに私に報告してくれます。

でも私はいつも「良い点があるのも確かだけど、そればっかりはダメだよ。健康になれる食事に不可欠なのはバランスだからね!!」と念を押します。

この本にはそんな食のバランスについても詳しく書かれています。

長女の研究は、ゴボウのアクに消臭効果があるというものでした。
でもこのアクのなかに沢山の有益な栄養分があるということも知りました。

この本に出てくる千坂式の魔法の調理法と言う物の中にも「アクを抜かずに食す」というものがあります。

基本的には「粗食」を推奨していますが、この本でもやはり長女が着目した「先人の知恵」が注目され、食べ合わせによって中和できることも紹介されています。

例えばサンマの塩焼きに大根おろし、ゴーヤと豚肉のチャンプルーなど。

これらは酸性の物をアルカリ性のもので中和するという昔の人たちが無意識のうちに行っていた食の知恵です。

ここに書かれている事を全部実行すれば、確かに健康になれると思います。
でも、中々難しいのも確か・・・

Desktop11+(2)_convert_20121030104030.jpg


(すごく気になったゴボウの姿煮・・・作りたいと思いましたが30時間以上煮る、という点でわ~無理かも・・・と思っちゃいました(~_~;))

やっぱり美味しいお肉も食べたいし、甘いものも食べたい(;一_一)

出来ることからはじめて、「食べ合わせ」によって中和するという知識をもっと深めたいと思いました。


巻末には体質の自己判断チェックシートというものがあって、それぞれの体質に合った食のアドバイスが書かれてます。
P1050203_convert_20121030104328.jpg

私は「陰性×アルカリ性」タイプ。比較的正しい食習慣だけれど、あともう少しで理想に近い健康生活が送れるでしょう、とのこと(#^.^#)

お菓子やパン、乳製品を食べたくなったらあらかじめ梅干しなどを摂って中和する・根菜や海藻の煮物中心、玄米を良く噛んで食べるなど具体的な食事のアドバイスが(●^o^●)

そうそう、長女の研究発表会で玄米について詳しく研究している子がいて、ちょっと玄米挑戦してみようかと思ってたんです(#^.^#)

多少手間がかかりますけどね(^_-)-☆
できるところから始めよう!!

また、様々な病気に対しての食事法も詳しく書かれていますよ(^_-)-☆
すごく勉強になる本です。ぜひ一度手に取ってみて下さいね(^◇^)


株式会社食健


【食健】 書籍「血液力」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック