四葉のクローバーのように、持っていると何となく幸せになれそう・・・そんなふうに思えるハンドメイド雑貨を作りたいと思っています。
お野菜が高い(@_@)でも欠かせません!
2013年01月13日 (日) | 編集 |
ここのところ、気温が低いせいで特に葉物野菜は高騰してますね・・・
レタス1個300円以上なんて、とても手が出ません(>_<)
でも今の季節、免疫力を高めるためにもお野菜の力は必要不可欠!
こんな時こそ、ゴボウやレンコンなど比較的価格が安定していてお安い根菜類を沢山食べればよいのです!!
我が家でも昨晩の夕食に、色々な根菜類たっぷりの煮物をお鍋一杯作りましたが、家族4人であっという間に完食しました(^_-)-☆

以前、「血液力」という本をご紹介させて頂いたことがあります。→「血液力」の記事はこちら

食べ物には大きく分けて陽性と陰性、また酸性とアルカリ性のものがあり、食べ合わせることで中和し、健康に繋がるということを学ばせて頂きました。

根菜類は陽性の食べ物で、その素晴らしさについても再認識させて頂き、今も時々本を開いては参考にさせてもらっています(*^_^*)

こちらの本に書かれていることを基本コンセプトに珍しい商品をたくさん出されている食健さんから、今回は「陽緑サラダ(やんろくさらだ)」というサプリメントをお試しさせて頂きました。食健ファンサイトファンサイト参加中
Desktop12_convert_20130113112518.jpg

原材料は、スピルリナ、ヒノキ樹皮、ケール、大麦若葉末、にがうり末、玄米、籾、食用酵母(亜鉛、銅、セレン含有)、クマザサ、桑葉末イチョウ葉抽出物、アサイエキス、アマニ抽出物(リグナン含有)、紅麹
となっています。

緑色の小さな錠剤で、袋を開けると見た目通りの青い香りがします。
私は昆布の香りに似ていると感じました。
おしゃぶり昆布とか大好きなので、「おいしそう❤」というのが第一印象。
ただ、感じ方は個人差があるかもしれませんね。

口に入れてもやっぱり昆布の味(#^.^#)
全く問題なく飲めました。
飲んだ後も、青臭さが上がってくるような事はありませんでしたよ。

スピルリナは必須アミノ酸やビタミン・ミネラルなどがバランスよく含まれていて、免疫力を高める、抗酸化力が高い、皮膚粘膜の炎症を抑えるなどの様々な効果があるとされています。

ケール、大麦若葉というと青汁の成分に似ていますね。

袋には、一日10~30粒と説明があり、さすがに「多いな・・・」という印象でしたが、担当の方からのお手紙に「まずは1日1~2粒から長期間続けて見て下さい」というメッセージがあり、「それならいけそう❤」と思いました。

1日の摂取量を制限しているサプリメントが多い中、多くても少なくてもよいこの陽緑サラダは、サプリメントと言うより食品の一種と言っても良いかもしれませんね。

私は普段、できるかぎりお野菜を多く取るように心がけていますが、一日を振り返って今日はちょっと少なかったなと言う日は多めに、たっぷり摂れた日は1粒くらいと量を調整して続けてみました。

ちょうど去年のクリスマス前から飲み始め、現在に至っています。

年末年始は、どうしても野菜不足になりがちで、かなりお世話になりました。

お薬とは違いますから、スゴイ効果があった!!と紹介する事は出来ません。
ただ、振り返ってみると、いつもこの時期鼻水ダラダラな事が多いのに、それが今年はほとんどなかった(^_-)-☆

結構毎日元気に過ごせたなと思うのです(*^_^*)
そしてスキー旅行に行った時、いつも旅行に行くと便秘になるのに、いつも通り快腸だった!というのも、もしかしたら・・・

年末年始の肌荒れ防止策その⑤としても良かったかな❤

私はサプリメントはあくまでも補助として使うべきもので、基本は毎日バランスよく沢山の種類の食品を摂取する事が一番だと思っています。

だけど、どうしても不足してしまう事もある。
そんな時に好きな量だけ自分で調整して飲めるこの「陽緑サラダ」はとても良い補助食品だと思いました。

ただ、もちろんどんな食品にもプラスとマイナスはあるもので、一つの良い点だけを重視してしまうと別の悪い点から健康を害してしまう事もあります。

青汁やこの陽緑サラダにも含まれているケールは甲状腺機能が低下している人には避けた方が良い食品です。
少量であれば特に問題はない事が多いのですが、そういった病気をお持ちのかたはまずお医者さんに相談してからの方が良いですね(*^_^*)

一つのことや流行にとらわれず、幅広く正しい知識を学んで自分に出来ることから実践し、健康に繋げていきたいと思っています\(~o~)/



【食健】 陽緑サラダ







スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック