四葉のクローバーのように、持っていると何となく幸せになれそう・・・そんなふうに思えるハンドメイド雑貨を作りたいと思っています。
海の精「かりかり梅」で・・・
2014年03月13日 (木) | 編集 |
梅干し大好きな私^m^

普通の梅干しや干し梅もいいですが、やっぱり「かりかり梅」も最高ですね❤

今回はあのおいしいお塩でお馴染、海の精さんの「かりかり梅 刻み」を試食させて頂きました(^_-)-☆海の精ショップファンサイト参加中

      P1090360.jpg
カリカリという心地よい食感を作るには、カルシウムが必要なのだそうです。
ふつうはホタテの貝殻や卵の殻を使うことが多いのですが、こちらは伝統海塩「海の精 あらしお」を作る過程で生まれる、海水中のカルシウムたっぷりの塩を使ってカリカリにされています^m^

奈良吉野や紀州の有機梅を、カルシウムをたっぷり含んだ塩で下漬けをした後、細かく刻んで、紅玉小梅の梅酢(赤梅酢)で漬け込んでいるんですね~

      P1090361.jpg
一般的に市販されているかりかり梅って、どれも添加物が入っているような味がするので、それが当たり前のように思っていました。

でもね、この海の精さんのかりかり梅は違う!!
「すっぱ~い(>_<)でもおいしい~❤」っていう本当の美味しさを味わえる、希少なかりかり梅だと思ったんです。
      P1090366-vert.jpg

袋を開くと口の中が唾液で一杯になるような^m^梅酢の香りが(●^o^●)
ジップ付きの袋だったら、そのまま冷蔵庫にしまえて便利だなと思いましたが、そうではなかったので保存容器に移し替えました。

まずは、定番な食べ方から(^_-)-☆

     P1090368-vert.jpg

ご飯にそのまま乗せても、おにぎりにまぶしても最高(*^^)v

だけど私は、このかりかり梅がある物を作るのに最適ではないかと考えていました。
そのある物とは・・・

ひじきのかりかり梅煮(勝手にそう読んでます^m^)というものです。

この存在を知ったのは、以前長女と二人で行ったスーパーの催事場で仙台フェアをやっていた時。
仙台大好きな長女は、吸い込まれるように催事場へ・・・

色々な特産物の試食を勧められるがままに食べて(笑)長女と二人「なにこれ!!めっちゃうま!!」と感動したのがひじきのかりかり梅煮だったのです^m^

お店のおじさんの話では、仙台の給食でこれを混ぜた混ぜご飯がよく出され、大人気メニューの一つなんだとか。

あまりの美味しさに買って帰ることになったのですが・・・お値段が100gで600円とお高め(~_~;)

だけど私、いつものごとく心の中で「これは自分で作れるんじゃないか・・・」と思ったわけです^m^
味の研究のため100gだけ買って帰りました(*^^)v

試しに思いついた材料で作ってみると・・・「おお~(#^.^#)バッチリじゃないの!!」

お値段もかなりお安く大量に作ることが出来ました。
その中で、一つだけ問題が・・・

そう、かりかり梅です。
中々刻みかりかり梅って売っていなくて、じゃあ自分で刻もうと思ったけれど、これがとてつもなく面倒臭い作業だったのです(=_=)

そうか・・・あのお値段にはこの手間賃が入っているのかと悟った私。
そんな時この海の精さんのかりかり梅の存在を知りました。

作り方は超簡単♪
水で戻した芽ひじきとたっぷりの白ゴマを甘辛く(少し濃いめに)煮て、そこにかりかり梅を混ぜるだけ~♪
    P1090376-vert.jpg

ごま油で炒めてから煮たり、刻んだ青紫蘇を加えたり、アレンジしてもまた美味しいですが、今回この海の精さんのかりかり梅を主役で作ったら、今までの中で一番美味しい物が出来ました。

そのポイントの一つが、梅酢。
かりかり梅って梅酢も一緒に入っている事ってほとんどないですよね。

だけどこの梅酢も一緒に加えることで、一段と味が引き締まって美味しくなったんです❤

そのままご飯のおかずとしても(^_-)-☆
 P1090383-vert.jpg
おじさんに教わったみたいに混ぜご飯にしても絶品!!
ひじきから感じる海の味と、ゴマの香ばしさ。
かりかりっとした食感の後に梅の香りがふわっとして・・・(*^。^*)

ご飯が何杯でも食べられてしまう、ちょっと注意が必要なくらいの美味しさですよ(●^o^●)

冷ややっこにそのまま乗せてもいいし、食べ方のバリエーションはたくさんあるんですが、私の一番のお勧めがこれ!
 P1090408.jpg
茹でて刻んだオクラとひじき煮を和えたものです。
どんぶり一杯食べられちゃう^m^

このかりかり梅のひじき煮は保存容器に入れて冷蔵庫で保管すれば1週間ほどは大丈夫。
だけど我が家では、たくさん作っても3日ほどで食べきってしまいますが^m^

このかりかり梅、1袋60gでお値段税込473円。
これだけあれば、かなりの量のひじき煮が作れます^m^

刻む手間もなく、さらに美味しさがアップするかりかり梅。
もうこれ以外は使えなくなりそうです(#^.^#)

海の精 かりかり梅
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ひじきのかりかり梅煮 美味しそう♪
ハギレ部マットです。^^
アレンジレシピ美味しそう。ご飯が進みそうです。
我が家ではご飯のお供、おにぎり、お弁当で
全て消費しちゃいました。(笑)
2014/03/14(Fri) 15:53 | URL  | マット #uZ4ICUpk[ 編集]
マットさん♪
マットさんも「かりかり梅」のモニターされたんですね!!
これ、美味しかったですよね~❤

もしモニターさせてもらえたら絶対ひじき煮作るって決めてたんです(^_-)-☆
ホント、ご飯が何杯もいけてしまいます(●^o^●)
2014/03/14(Fri) 19:08 | URL  | きょうりん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック