四葉のクローバーのように、持っていると何となく幸せになれそう・・・そんなふうに思えるハンドメイド雑貨を作りたいと思っています。
着なくなった着物で・・・
2014年04月23日 (水) | 編集 |
私は母の影響で、小さいころから着物に慣れ親しんできました。

母は「和」が大好きで、着付け以外にも華道の免許も持ち、茶道なども少しかじっていたようです。

今現在も時々着付け教室を開いたり、着付けを頼まれたりしています。
そんな母の元には、知り合いの方が着なくなった着物を何かに使ってくれるんじゃないかと言って持ってきてくれる事も多いのです。

中には一度も袖を通した事が無い新品の物から、シミや虫食いなどが多くさすがにもう着られないという物まであるのですが・・・

昔の着物の柄って素敵な物が多いんですね^m^
母は、「何か作れるんじゃない?」と言って、そういった着物を我が家へたくさん持ってきます。

私も着物リサイクルにはとても興味を持っていて、今までもバッグに作り変えたり巾着にしてみたり楽しんできました。
これから先、もっと極めていきたいと思っている物の一つです^m^

先日、義母から今年の母の日のリクエストでトートバッグを作ってほしいと頼まれました。
こんな風に欲しい物を言ってもらえると本当に有難い(*^_^*)
毎年母の日や父の日って何を贈ろうか迷いますからね。

ということで、今年は実母にもハンドメイドの物を一つ作ってあげようと思いました。

そこで思いついたのが着物リサイクル。
以前図書館で借りた本ですごく気になっていた物を試作してみましたよ~(*^_^*)
    P1090900.jpg
これ何だと思います?

後ろはこんな感じです。
    P1090901.jpg

実はこれ、眼鏡ケースなんですね~
   P1090902.jpg
材料はすべて家にあったリサイクル着物です。

   P1090904.jpg
羽織の留め紐を使った持ち手部分は、カニカンとつなげられるので、バッグなどにひっかける事も可能(*^_^*)

  P1090906-vert.jpg
結構細部に渡って細かいところまで本当の着物みたいに表現されてます。
(おはしょりがないのが気になるけれど^m^)
手縫いが多くて、手間はかかるけれど作ってみたら滅茶苦茶可愛い(#^.^#)

これ、かなり気に入っちゃいました\(~o~)/

試験管状の花瓶を入れて・・・
    P1090908-vert.jpg
こんな風にお花を飾ってもいいかも~(*^_^*)

老眼鏡を持ち歩く実母。
絶対喜んでくれると思います!!!
これを見た長女は「え~\(◎o◎)/!何これ~!!メッチャ可愛い~!いいな~私にも作って~」と大絶賛。

実母の血を受け継いだのか、「和」の物が大大大好きですからね~^m^

でもこれ、長女にも作れるんじゃないかな?
今度2人で一緒に製作してみたいと思います。

材料はたっくさん家に眠ってますからね!!







【母の日】シラガネーゼ&キューティマムをプレゼントしよう!【現品モニター40名】
株式会社ビアント
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
きょうりんさん、すごいですね~~
ミニ着物小物入れ、面白いです!!
アイデア次第で、いろんな使い方ができますね。
母の日のプレゼントに、絶対喜ばれますね!(^^)!

着なくなった着物、上手に再利用できると嬉しいですね。
バックとかも素敵なのができそう~
きょうりんさんの作品を見てみたいです。
過去の記事にあるかな...

後、ちょっと変わった利用法で、
裂いて織物にして洋服を作る話を聞いたことがあります。


追伸:カシワバアジサイの蕾、我が家もついていました。
2014/04/23(Wed) 21:03 | URL  | 栗りん #-[ 編集]
栗りんさん♪
裂き織物や裂き編み物も素敵ですよね~❤

昔、伯母が機織りを仕事でやっていて、興味しんしん・羨望のまなざしで見ていたことを思い出しました(*^^)

色々と挑戦してみたい着物リメイクがあるんですが、時間が追いつかない~(+_+)
ただ、着物リメイクに関しては老後の楽しみとかでもいいかななんて思ってるんです^m^

裂くといえば、一時期布ぞうり作りにもハマってたんです。
不要になった衣類を裂く作業と編む作業が楽しくって❤
そろそろ布ぞうりが気持ちよい季節なので、また作りたくなりました(*^^)


栗りんさんちのカシワバアジサイも蕾ついてましたか~^m^
同じ植物を育てていると何だか繋がってる気がして嬉しいですね❤
2014/04/24(Thu) 08:53 | URL  | きょうりん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック