四葉のクローバーのように、持っていると何となく幸せになれそう・・・そんなふうに思えるハンドメイド雑貨を作りたいと思っています。
わくわく♪固形石鹼から液体&泡ソープが作れる!その②
2014年05月27日 (火) | 編集 |
株式会社アビリティジャパン SANIFA! サニファさんの「乳化生せっけん」で液体&泡ソープを作ろう!報告その②です。
SANIFAN! サニファンファンサイト参加中

 P1110399-vert.jpg
お水に浸けること7日目、ようやく表面にゲル状の膜の様な物が確認できました。
そろそろ次のステップへ進んでも良いころかな❤

まずはジェルソープから。

溶かしていた、茶こしに入れた石けんを取り出し、細かく刻みます。
P1110402-vert.jpg
新しい茶こし袋に入れ、30mlのお湯で溶かし、油脂液を作るのです。
この油脂液を加える事で、保湿感のある液体&泡ソープになるのだそうですよ。

P1110404-vert.jpg
茶こしには茶色い粒が残りますね。
それにしても・・・やっさんレシピの画像と比べて、かなり泡立っちゃってる(~_~;)

果たして大丈夫なのか・・・
不安感一杯の中、せっけん液の中へ。

P1110409-vert.jpg
少し混ぜたら、泡も段々小さくなってきて、とろ~っとした感じに。
これを時々かき混ぜながら2時間ほど待って、ゲル状に固まっていなければ完成というわけ。

途中も全く固まる感じはなく、無事ボトルに入れることができました(*^^)v
P1110412-vert.jpg

そして~同時進行で作っていた泡ソープ。
こちらは最初にせっけん液を少量泡ボトルに入れ、泡が出てくるかチェックします。
P1110407-vert.jpg
しっかり泡がでてきました。
ここでまだ泡がちょっと・・・と言う感じの場合は、もう少し時間を置く必要があるそうです。

そして・・・ここからが・・・大失敗の巻でした(*_*)

まずは、液体ソープと同じく油脂液作り。
液体ソープの時に、どうしても泡が一杯できちゃったのが気になり、泡立たないことばっかり集中していたら・・・
大事なことをすっかり忘れていました・・・

泡ソープの場合は、油脂液に使う溶かし途中の石けんは3分の1の量で良かったのです(~_~;)

そう、ドジな私は、液体ソープと同じく全量を加えてしまった・・・
しかも、混ぜてる最中からすでに塊が!!!

P1110416-vert.jpg
案の定、2時間待たずして、ゼリーっぽく固まり・・・

P1110418-vert.jpg
泡ソープにも液体ソープにもならない、大失敗のゲル石鹸が完成したのでした(=_=)

でも、これでめげる私ではありません^m^

もちろん、新たに泡ソープ作りを速攻で開始しましたからね!

失敗したゲル石鹸ですが、お風呂で顔と体を洗うのに使ったところ・・・
負け惜しみでなく(笑)滅茶苦茶使い心地良かったです❤

トロッとしたゲル石鹸を泡だてネットに乗せてちょっとくシュッとしただけで、柔らか~い泡がモコモコと❤

驚いたのは泡切れの良さです。
あっという間にぬるぬる感は無くなり、肌がキュッと!
だけどしっかり保湿感が感じられる!
油脂液、全部使ったしね^m^

・・・ということは、泡ソープは若干保湿感が抑えられたさっぱり目になるのか?
皮脂量過多の思春期ニキビ肌ちゃんには泡ソープの方が良い?

色々気になってきましたが~泡ソープリベンジまではまた1週間ほどゆっくり待つことにいたします(^_-)-☆

成功したら、固形石鹼・液体ジェル石けん・泡ソープと違いを詳しくレポートしますね!


無添加石鹸【乳化・なませっけん】の自然な潤いでお肌を健康に!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
あははは、やっちゃいましたか (^o^)

ドンマイです♪ 私もさんざん失敗しました(笑)

油脂液作成時に泡立ってしまったら、湯煎しながらゆっくりとかき回すと泡が消えていきますよ。

ちなみに油脂液作りの時は、沸かしたてのお湯で溶かしています。お湯の温度が下がって、溶けが悪くなったり、泡だったら、湯煎します。

液体にして勿体ないのは、カモミールの香りが薄れてしまい、植物系油脂の臭いが強くなることですかね。。。私はもう馴れてましたが。

ジェルソープを洗髪にも使ってみましたが、固形石鹸のままの方が泡立ちが断然良いので、洗髪には固形のままの方がオススメかなぁと思ってます。

リキッドポンプ用は石鹸を全部使うので、保湿感や使用感が固形時の良さを上手く引き継げていますね。

固形、リキッド、泡と使い勝手や使用感で使い方を分けて楽しむのが良いですね。

ではでは(^^)/
2014/05/27(Tue) 12:01 | URL  | SANIFA!の井上泰宏です。 #0WtwzUDc[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/05/27(Tue) 20:04 |   |  #[ 編集]
SANIFA!のやっさん♪
はい~(~_~;)
やっぱりやっちまいました・・・(T_T)

油脂液を溶かすのは沸かしたての熱湯の方が良いのは、やりながら気が付きました。

最初はこわごわ60℃くらいのお湯だったので、中々溶けなくて泡だらけでしたが、次に熱湯でやったらすぐ溶けてそれほど泡立たなかったので^m^

それに集中してたら、大事なことがすっかり抜けてた~(T_T)
1つの事に夢中になると他がおろそかになる・・・私の悪い癖です・・・

次はやっさんのアドバイスもしっかり頭に入れて、挑戦してみます(^_-)-☆

私はカモミールの香りもそれが抜けた香りも大好きです(*^_^*)

どちらもなんか、「赤ちゃんの香り」がすると思うのは私だけかな(^_^;)
すごく癒されて懐かしくて落ち着くんですよ~

液体にした時には、アロマオイルなどを加えて、自分好みの香りにするっていう方法もありですかね?
2014/05/28(Wed) 10:00 | URL  | きょうりん #-[ 編集]
分量違いなら、仕方ないよね^^; 分量正しかったら きっと 出来てたよ!
私も油脂液作りで 泡立ったので、レシピと違うなぁ~・・・って気になってたの! 井上さんのコメ、参考になるわぁ~^^ 次回は できるだけ高い温度の湯OR湯煎で挑戦!
あ・・・ 私 まだ 肝心の使い心地を投稿してないわ^^; 今日、できるかな?^^;
2014/05/28(Wed) 11:13 | URL  | ほるん #-[ 編集]
ほるんさん♪
ほるんさん、優しい・・・(T_T)

でもね、分量違いだっただけならきっと緩めなジェル石けんが出来てたと思うんですよ。

それがゲル状になったと言う事は、それ以外に何か原因がある?!

今予想してるのは、油脂液を混ぜる時に温度がまだ高かった(人肌になっていなかった←せっかちだから^m^)からかなと・・・

泡の方は沸かしたての熱湯で溶かしたので^m^

ゲル状にならない時となるときで何が違うのか・・・気になっちゃってるので実験してみようかな(*^_^*)
2014/05/29(Thu) 08:44 | URL  | きょうりん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック