四葉のクローバーのように、持っていると何となく幸せになれそう・・・そんなふうに思えるハンドメイド雑貨を作りたいと思っています。
わくわく♪固形石鹼から液体&泡ソープが作れる!その③
2014年06月05日 (木) | 編集 |
前回、大失敗してしまった泡で出るソープ。SANIFAN! サニファンファンサイト参加中

(前回前々回記事はこちらから→その① その②

めげずに再チャレンジしました!!
やっさんアドバイスに基づき、熱湯で油脂液を作ったら、全然泡立たなかった~(^◇^)
P1110487-vert.jpg
ドキドキしながらせっけん液に混ぜると、最初はモヤモヤっとしたものが・・・
まさかまたゲル状に!?と心配しましたが、時々かき混ぜること2時間。
今回は大丈夫そう(●^o^●)

   P1110499-vert.jpg
無事ボトルへ移し替えることが出来ました\(^o^)/

これで3種類が揃いました。
早速、泡の違いを確かめてみましょう。
  P1110508.jpg
ジェルタイプは、すでに家族みんなで入浴時に使ってますので、量が3分の2くらいになってます。

固形は手だけでもそれなりに泡立ちますが、ジェルタイプはちょっと厳しかったので、どちらも洗顔ネットで泡だてて比較することにしました。

まずは固形石鹼から。
ネットに2回ほどこすりつけてみましたよ。
  P1110510.jpg
文句なしの、しっかりとしたきめ細かい粘り気のある泡です\(^o^)/

次にジェルタイプ。
ネットにワンプッシュだけして泡だてました。
  P1110511-vert.jpg
固形石鹼よりも早くふわもこの泡が❤
固形とそれほど変わらない泡の質ですが、多少ジェルタイプの方が軽い感じかな~
泡の量は、ジェルタイプの方が早く多く出来ます。

そして、最後に泡タイプ。
3プッシュしてみました。

  P1110513.jpg
見た感じで緩いのが分かりますね。
固形やジェルタイプと同じ質の泡にするには、もう少し油脂液の量を増やしたり調整が必要なのかな~

以上、3タイプの泡を並べて見ました(*^^)v
  P1110514.jpg

3つとも、それぞれに長所・短所が違います。

固形石鹼は、間違いない(笑)文句なしの本当にもっちりしっとりした泡。
ただ、しっかり乾燥した状態で保たないと、溶けやすい。(←これは無添加固形石鹸の宿命ですね)

ジェルタイプはネットを使わないと泡立ちにくいが、すぐにふわふわな泡が作れて、使いたい量だけ無駄なく使える。
カモミールの香りが薄れてしまうのがちょっと残念。

泡タイプはちょっとゆるめ(薄め)な泡だけど、泡だてる手間が無いし、さっぱりめな洗い上がりになる。

今回私が一番気に入ったタイプは、実はジェルタイプでした。
固形石鹼大好きだけれど、どうしても溶けやすくってあっという間に無くなってしまう印象だったので、ジェルタイプだと無駄なく使えてコスパが良くなるような気がしました。
香りも、自分の好きなアロマオイルなどを混ぜて使えるのではと❤

そして泡タイプは、朝の洗顔時に使っています。
これから皮脂量が増えてくる夏場には、程良くしっとり感が残り、さっぱりキュキュッとした洗い心地が丁度よいのではないかと思います。

元々の乳化なませっけんが素晴らしい石けんだからかもしれませんが、1つの石けんで何通りもの使い道があるってスゴイですね!!

固形石鹼を液体&泡タイプにしてみるっていうやっさんの発想に、心から尊敬の念を抱いてしまいました(*^^)

ここの所、日差しが強くて肌も乾燥気味だったのですが、乳化なませっけんを使い始めてから、かゆみを感じなくなったんです。(私は主に失敗作のゲル石けんを使ってますけどね^m^)
超敏感乾燥肌の次女にも、全く問題なく安心して使わせられていますよ~

乳化なませっけん、石けんオタクの私が今まで使ってきた中での、お気に入りベスト5にめでたくランクイン決定です\(^o^)/

とっても面白いイベントに参加させて頂き、有難うございましたm(__)m


無添加石鹸やミネラル補給などの人に優しい商品をサニファショップはお届けします!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
できましたね~♪
こんにちは、SANIFA!のやっさんです。

泡ポンプ用の下地液に油脂液を入れ過ぎると粘性が強すぎて泡の出が悪くなってしまいます。。。今回のレシピの量が限界かなぁ

リキッドポンプは使い勝手が良いですよね。
私もそう思いますし、本当は石鹸シャンプー化したいんですよ。泡立ちは悪いですが、髪の毛の保湿感はばっちりなので。

おっしゃる通り、リキッドも泡ポンプも、液体にすると油脂の臭いが強くなるので、アロマオイル等で香りづけするというのは良い手かもしれませんね。改善案ありがとうございます。

日にちが経つと更に油脂の臭いがきつくなりますし、雑菌が湧いたりするのも嫌なので、製作日数の1週間程度で使い切るくらいの量を作ってぐるぐる回すというのが理想でしょうか。

そうそう、失敗作で固まったゲルソープを放置しておいて一つ発見が!
1か月強放置しておいたら知らない間にゲルが透明な液体になりつつあります。。。大丈夫か?と思いつつも使ってみたらバッチリ使えました。

何か泡ポンプに使える良いヒントがあるかもしんない(^v^)

手作りチャレンジありがとうございました!
2014/06/06(Fri) 19:57 | URL  | SANIFA!の井上泰宏です。 #0WtwzUDc[ 編集]
SANIFA!のやっさん♪
本当に楽しくって興味深いモニターに参加させて頂き、有難うございました。

泡ソープは、もしかしたら逆にもう少し水っぽい感じの方が良いのかもって思っています。
市販のものは全然粘度のない液体ですからね。

それから失敗作のゲルソープ!!
実は私も最近「あれ?何か固まり感が無くなってきた?」って感じてたんです。

ゲルソープもポンプに入れて使ってたのですが、最初の頃はどろ~っとした感じで出にくかったのが、今は普通のジェルソープと同じくらいに使いやすい!

失敗から新たな発見ができるから、失敗も無駄じゃないって思えて本当に面白いですね!
まさに失敗は成功の母ってね^m^

私もこれからも色々と試して、面白い発見があったらやっさんに報告しますね^m^

やっさんの新しい商品開発も楽しみにしております!!
2014/06/08(Sun) 13:40 | URL  | きょうりん #-[ 編集]
ジェルタイプって やっぱネット使わないと 泡立ちませんよね^^; 気になっていたんです。。。
私 主婦湿疹がひどいのですが、かゆくなった時に 最近は すかさず 泡タイプで手洗いしてます。刺激が取れるのか、かゆみが収まり 心も落ち着きます♪
その泡タイプ、最近 ポンプの動きが重くなってきました。。。。。(汗) これが噂のつまりか?!?!
このまま 使用しようか、思い切って 液を交換してしまおうか、迷ってます。。。。。
2014/06/09(Mon) 16:06 | URL  | ほるん #-[ 編集]
ほるんさん♪
100均の泡ポンプ、今まで何度か使っていますが、結構すぐ壊れちゃいます(*_*)
手作り泡ソープは、粘度高めな液体ですから、余計に詰まりやすいかもしれないですね。

私はと言うと、失敗作のゲル石けんをすべて使い切りました。
これが意外と使いやすくってビックリです(^_-)-☆

失敗からの新たな発見って本当に面白いです❤

全身を洗うのに使いましたが、乾燥から来る痒みがなくなって嬉しい限りです(^_-)-☆
2014/06/10(Tue) 09:33 | URL  | きょうりん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック